朝日を浴びると眠い人達
NightRiders
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おてんば恋娘楽譜アップ
2009-12-18-Fri  CATEGORY: 楽譜


お待たせしました。(待っていてくれる方がどれだけいるか分からないですが・・・)
おてんば恋娘の楽譜をアップしました。
プロフィールの下にある楽譜置き場からダウンロードしてください。



以下は簡単な奏法解説です。


マイリスの説明にある様にアルペジオとスラーの練習曲です。
基本的なアルペジオパターンはクラギ弾きなら定番のヴィラロボスの練習曲1番のパターン、そこにブローウェルの練習曲やらリブラソナチネやらなんやら色んなものが詰め込まれてこんな感じの曲になりました。手癖の集大成みたいな曲だなこれは。


1~8 
冒頭のアルペジオはゆっくりと練習。音が団子になりやすいので最初はスピードよりもゆっくりと粒立ちの良い音を出すように意識しました。開放弦で練習するのもありです。♪が下を向いているところは親指で弾いています、しっかりとアクセントをつけるとかっこいいかも。

9
はっきりと(デチーソ)入る。
パーカッションは好きに入れてみてください。
(printmusicで作っているせいでハーモニクスや特殊音符が表示出来ない・・・)

10~
テーマです。装飾的な音型が随所に入ってますが捕われずにメロディーをハッキリと歌うと吉。

16~18
ブローウェルがよく使う開放弦に向けての連続下降スラー。高いフレットになるほど安定しなくなりますが、5フレットくらいなら問題なくいけると思う。リズムが狂いやすいポイントなのでメトロを使うといいと思います。17小節に一回出てくる裏に入る上昇スラーでリズムが良くこけました・・・

31
冒頭部分の再現から中間部への繋ぎ。開放弦への連続スラーからヴィラロボスのアルペジオパターンへとなだれ込むポイント。小節と小節の繋ぎ目部分をゆっくり練習しました。

32~
5弦上の半音移動を強調するとカッコいいです。

36~
アルペジオパターンがヴィラロボスパターンからディアンスのリブラソナチネのパターンに変化します。それに伴って左手の動きが大きくなるんですがそっちの方が練習が大変でした。

39,43
特になし。"情熱的に"弾いてくれると嬉しいです。
43のパーカッションは右手親指の腹で弦を叩いています。

60
グリッサンドしながらラスゲアードで半音移動してます。クラギではあまり見ないマニアックなテクニックです、アセンシオの"内なる想い"くらいしか使ってるの見たことない。

ラストはバルトークピッチカートで〆。


こんな感じでしょうか。
ゆっくりと部分練習して繋いでいけば弾けるようになると思います。
繰り返しになりますがスピードよりも音の粒立ちの方を意識して弾いてみてください。
練習曲でもやるつもりでじっくりと弾いてくれたら嬉しいです。


ついでにコメに返信。


>フォーコだw

そうです。
譜面はあるんですがちゃんと弾いた事は無いです。


>右手についてるのは?

コメで書いてくれてる様に汗でギターが痛むのを回避するため、
あと右腕を滑らせるためにつけてます。裸の腕だとギターに引っ掛かるので。


>装飾音減らしてもっと歌おう

装飾するのが目的だったので。
でももっともです、この楽譜でももっと歌えると思います。


>クラシック畑?

基本はそうです。
ボサとかピアソラのバンドでギターをやってたこともあります。
何でも食べる雑食系です。


>オビクン?

違います。


>ヴィラロボス讃歌も入ってるなw

それは気付かなかったです。あの曲余り知らないし。
ただ全体にヴィラロボス、ブローウェル風味だったのでそう聞こえてもおかしくないのかな。



それでは。


参考文献
Pumping Nylon in TAB: Classical Guitarist's Technique HanbookPumping Nylon in TAB: Classical Guitarist's Technique Hanbook
(1997/12/31)
Scott Tennant

商品詳細を見る

現代のギターテクニックの教科書として最高峰(だと思います)
右手のプラント(準備)、アルペジオ、スケール、スラー、左手の拡張、ラスゲアードなどなど、様々なテクニックの練習方法が丁寧に解説されてます。この中に納められてるジュリアーニの120のアルペジオは効きます


ヴァリエ2~内なる想い

良く聴いてるCD。アセンシオの内なる想いが収録されてます。
キム・ヨンデさんの技巧が冴え渡る一枚ですが、収録されてる曲がダンジェロ、ウオルトン、アセンシオなどなど相当にマニアック。妙にアレンジ魂をくすぐられる一枚。
トラックバック0 コメント7


Copyright © 2017 NightRiders. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。