朝日を浴びると眠い人達
NightRiders
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あけましておめでとうございます。
2010-01-08-Fri  CATEGORY: 未分類
1230fuyu.jpg

明けましておめでとうございます、今年もマイペース更新になると思いますがおつきあい頂ければ幸いです。


サークル参加として初の冬コミが終って早くも10日程が経ちました。二週間くらい前から準備に追われてバタバタとしていて気がつけばあっという間に終ってしまいました。一般で参加するのとサークルで参加するのでこんなにも景色が違うものかと。

1230fuyu2.jpg

手ぶれがしたのがいい感じにモザイク処理みたいになったw
開幕と同時にもの凄い人の流れ。正午を過ぎるまで冗談抜きで目の前は激流でした。
一歩でも踏み出したら巻き込まれて戻れなかったかも。

1230fuyu3.jpg

当日はスペースに立ちっぱなしでほとんど外を回る事が出来なかったのがちと残念。
でも色々な人達に出会えたのは大きな収穫でした。
おかげさまで用意したCDもほぼ完売。いろいろと苦労したのも今となってはいい思い出です。


東方のアレンジCDを作ろうと思ったのは昨年の夏頃のこと、頼りになる友人の応援も取り付けて本来は10曲以上、時間にして50分を越えるアルバムを作ろうと意気込んで始めたのはいいものの、アレンジもなかなか捗らず、また一曲一曲のレコーディングの練習が思った以上に大変だったので、今回は試作的な物にする事にして6曲で20分程のミニアルバムに落ち着きました。


タイトルは最初「東方倶楽義集・(仮)」にしようかな~とも考えてたのですが、仮にも値段を付けて販売するものに仮は如何なものかと思ったし、(仮)というとなんだかあの伝説のクソゲーのタイトルを思い起こさせるし・・・




というわけでタイトルは「東方倶楽義集・序」となりました。
振返ってみればアレンジ・演奏・録音・編集 それぞれに不満がない訳ではないですが、今出来る精一杯の物だったと言えます。聞いて頂いた方が気に入ってくだされば幸いです。

聞いた方がどういう感想を持ったのかがスゴい気になってます。あそこが良かった、悪かった。こういう形にして欲しい、等々どんなものでもいいので感想を書いてくれると(自分が)すごく喜びます。リクエストに応えられるかは分かりませんが・・・コメント欄に書いてくれてもいいですし、横にメアドを書いておくのでそちらに送ってくれても嬉しいです。今回の経験を活かして次回は更にいいものを創ります。


さて次作ですが、当初は予定通り今回の作品を含むフルアルバム(再録音して)創ろうかなと考えてたんですが、最近になって色々とアレンジしたい作品が増えてきました。こうなったらエヴァみたいに序・破・急の三部作にするとか。たまたまタイトルが序だったし、さてどうしよっかな?
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメント | URL | 2010-01-20-Wed 03:31 [編集]
冬にCD買った者です。
生演奏を中心にまわりましたがこちらの作品は気に入って繰り返し聞いています。
中でも「魔法少女達の百年祭」はいいですね。
優しいながらも華やかな音色が曲に合っていると思います。

全体的に無音部分のノイズが目立つのは残念ですが音の広がりで生演奏らしい雰囲気が伝わってきます。
差し支えなければ録音環境・機材などお教えいただければ嬉しいです。
コメントharmomicos | URL | 2010-01-20-Wed 06:35 [編集]
CDのご購入有り難うございます。

録音環境ですが、今回はホールでRolandのR-09HRを使って録音しました。ホールの残響も収録したかったのでややオフ気味、奏者から1.5m、高さ1.5mくらいの位置に置き、二台のギターの間を狙って録音しました。

編集はマックのgaragebandで行いました。残響が録れていたので編集時にはそれほどリバーブをかけてません。ただインプットレベルを相当高めに設定していたので仰る通りに無音部分でのノイズがかなり目立ってしまう事になりました、ノイズリダクト等も試みましたが、それでもまだ不十分でした・・・この辺りは課題ですね。

次回の録音に入る前にもう少し録音環境を整える必要があるなと感じています。貴重な御意見ありがとうございました。
コメントshin | URL | 2010-01-27-Wed 09:50 [編集]
はじめまして、CD拝聴させていただきました。一クラギ者としては(エレガットですが)このようなアルバムに巡り合えてとても幸せです。
東方曲の幻想的な雰囲気を見事に再現してあるなぁ、と思いました。演奏の感情表現もとてもよかったです。
ところどころにクラシックの名曲が散りばめられているのはとても面白いですね。特に「おてんば恋娘」とフォーコの絡みとか好きです。
デュオはカゴメカゴメのパートが交互にクロスしてるところとかも面白かったです。
見事にクラシック様式にまとまった素敵なアルバムでした。

しかし逆に、きれいにまとまりすぎたつまらなさもあると感じました。とても難しいところなのでしょうが、デュオのアレンジがちょっとワンパターンな気がします。ピアノ演奏をデュオで再現してみた、といったような。もちろん、それぞれコンセプトは感じますが、奏者が聴けば面白くとも、そうでない人は少々退屈なのではないでしょうか?
たとえば、ワルツ、タンゴの要素も取り入れてみたり、コストの「舟唄」のように極々シンプルなデュオアレンジしてみたりとか。クラギ独特の奏法、トレモロを入れたり、もっと大胆なアレンジがあってもいいのではないかと思います。
厳密にクラシック縛りをしないのであればフラメンコを取り入れるのもいいかと思います。生ギターなら打ち込みとは一線を画す魅力を出せますしね。

あくまで否定的な見解からもみた感想なので、今回のように幻想的なクラシック様式がharmomicosさんのコンセプトであれば、これからの活動もとても楽しみですし、応援させていただきたいと思います。
私はharmomicosに対して、奏者としての腕も、音楽的知識も遠く及ばないレベルですが、拙い意見でもお役に立てれば幸いです。

長ったらしいコメント失礼しました。これからも頑張って下さい^^
コメントharmomicos | URL | 2010-01-27-Wed 23:20 [編集]
shin さん

ありがとうございました。しっかりと聴いて頂いたようでとても有難く、身が引き締まる想いです。

耳の痛いところを突かれたな~という感じですねw
アレンジがワンパターンになっていたと言われればそこは否定出来ないところです。

ギターが二台あればオケであれピアノであれ大体の音楽を再現する事は出来ます。ただそれをすることによって新しい意義を見つける事が出来るか?というところが肝心なところで、わざわざギターでしんどい思いして再現するくらいなら原曲を聴いてた方がマシだった、というのは昔から良くある話。
ギタ-でも出来るではなくてギターでないと出来ないアレンジをしないと意味がないのですが・・・

仰られる通り今回のアルバムは東方曲の幻想的な側面を引き出す事に主眼をあてて創っていきました。そしてピアノ音楽への憧れがあった事も否定出来ないところです。クラギ弾きは多かれ少なかれピアノへのコンプレックスを抱えていますしね。その中でギターのもう一つの側面である荒々しさや躍動感、民族的な側面といったものからは少し外れていったのかもしれません。ただこの辺は個人的な嗜好も関係してくるところですね。

今回のアルバムはこれはこれで一つの作品として納得していますが、仰られた部分もまさにその通りで、不満を感じていなかった訳ではないのです。次回は東方曲とクラシックギターのもう少し違う部分に光を当ててみるのも面白いかもしれませんね。

貴重な御意見ありがとうございました。しかしコストの「舟歌」が出てくるあたりクラギ相当弾かれてたんじゃないですか?(笑)
トラックバック
TB*URL


Copyright © 2017 NightRiders. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。